海外医薬品の購入は正規薬品の個人輸入通販を利用しましょう。

くすりエクスプレス-Japan

くすりエクスプレスの国内運営サイトです。管理サーバが国内なので日本の法令に従って不特定多数の方に対する個々の海外医薬品に関する効能や使用方法などの説明は差し控えています。
詳細を確認されたい方はそれぞれの商品画像をクリックまたはタップしてくだされば、次の頁の購入画面にて詳しく説明しています。

海外医薬品の個人輸入は違法ではありません。
ネットでは医薬品の個人輸入は買うことも販売する海外の通販サイトも違法であると盛んに宣伝しているサイトがあります。
まるで国内の医療医薬品業界の関連から委託されている運営サイトかと思ってしまうくらいの迫力がありますが、個人が使用する目的でくすりエクスプレスのような個人輸入代行通販から海外の医薬品を買うことは正式に認められている個人の自由な権利です。

海外の個人輸入代行通販を日本の国内法では規制できません。
薬事法などでは厚生省が処方薬として認可してない海外医薬品は、日本の国内では直接販売はもちろんその宣伝行為も禁じています。
とは言っても、先進国の間では国際的に個人輸入が認められている中で、日本の中だけで通用する国内法を盾にして他国内管轄の通販サイトの営業を制限するようなネットでの批判宣伝は常識的にはあってはならないことです。
にもかかわらずネットにはくすりエクスプレスのような正規の医薬品を販売するサイトであっても相手が有力な個人輸入通販であれば徹底的に潰し批判攻撃をする形振り構わない姿からは何かの営利団体かとも思われるサイトがありますが、それによって逆に次のような事情が絡んでいると感じてなりません。

それでも違法と排斥したい国内の医療医薬品業界の意向
日本の医薬品の消費額は数年前から世界第2位とも4位とも言われています。現在の正確な数字は統計の出し方によって様々ですがそれほどの医薬品消費大国であることには変わりが無いようです。
言い換えれば安くて高品質の海外医薬品が大量に個人輸入で国内の業者や医薬品メーカーの手を経ることなく入って来ては国内の医療医薬品関連業界にとっては死活問題になります。
そして仮に手段を選ばずであっても海外医薬品の日本への個人輸入での流入量を少しでも抑えることは国益にも沿っています。

医薬品の必要コスト
薬局で買うと正規の薬品代金の他に処方箋発行料と医師に払う受診料が必要になる。
日本の薬価基準及び薬事行政は、かつては潤沢だった医療保険制度資金の上に成り立っている。
今でもその名残がありそれによって成り立っている業界がある以上は、国内ですぐに医薬品が世界と同じレベルにまで安く買えるようなることはまずあり得ない。

リピーターだから買う安くて高品質の海外薬品
昔のインドは国民の大半が非常に貧しくて命を救う医薬品を買うことさえできなかった。
そのため時の国王が国を挙げて安価なジェネリック薬品製造に取り組み、高品質でありながら超低価格の世界で第一位のジェネリック医薬品製造国家になった。
その世界の医薬品を処方箋代と診察料無しで買えるのが個人輸入です。
日本国内では処方箋発行にも医師での受診が義務付けられ、かかりつけの医院へ電話して処方箋だけ貰う場合でも支払い明細には診察料が含まれているから繰り返し同じ薬を購入するリピーターがより便利で安くてしかも医薬品代金だけの負担で済む個人輸入を選択するのは当然とも思われます。

海外医薬品の購入は安さより安心できる通販サイトを選びましょう。
日本国内での医薬品を購入するための処方箋や医師の診察を否定しているわけではありません。
素人判断で医薬品を購入して服用することは、値段の安さ比較や好き嫌いだけで数多く存在する個人輸入薬通販サイト同士を比較検討して購入先を決めることと同じように危険な行為です。
不安な時には迷わず医師の診察を受けましょう。そして同じ個人輸入でも本当に安全で安心出来る商品を販売している通販サイトを選びましょう。それらの判断と結果のすべてを自己責任で補えることが医薬品個人輸入の正しい利用方法と思われます。

おすすめ商品